• 大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス
  • 大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス
大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス

大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス

商品の詳細:

起源の場所: 中国の重慶
ブランド名: JUVI
モデル番号: HCD2700

お支払配送条件:

最小注文数量: 1
価格: negotiable
受渡し時間: 在庫あり
支払条件: ウェスタン・ユニオン、MoneyGram、D/P、D/A、L/C、T/T
ベストプライス 連絡先

詳細情報

名前: 海洋の変速機の前進 適用: 船の海洋のボートの容器のヨット
入力速度: 500-1400r/min 方法を制御して下さい: 押しおよび引きの適用範囲が広いシャフト、電気で、気学的に
評価される推圧: 280KN フライホイール: エンジンのフライホイールによって決まりなさい
中心間距離: 630mm 鐘ハウジング: いいえ
ハイライト:

280KN前進ギヤ ボックス

,

1400RPM前進ギヤ ボックス

,

630mmの先発のギヤ ボックス

製品の説明

大きい採取の引っ張り工学ボート280KNのフライホイールのための1400RPM前進ギヤ ボックス

指定

入れられた速度 500-1400r/min
縮小率 3.65、4.042、4.5、5.05 Trans.容量 2.05kw/r/min
5.476 1.96kw/r/min
6.105 1.7kw/r/min
制御方法 押しおよび引きの適用範囲が広いシャフト、電気で、気学的に
評価される推圧 280KN
中心間距離 630mm
L×W×H 1400x1780x1530mm
純重量 6000kg
フライホイール エンジンのフライホイールによって決まりなさい
鐘ハウジング いいえ

海洋の変速機HCD2700は減速、前方そして後方にプロペラ推圧をつかむことおよび耐えることの機能を所有している。それは縦にオフセットおよび第一段伝達の設計され、比率で大きく、dis-でおよび再組立ておよび維持便利な構造のコンパクトで特色になる。

海洋の変速機HCD2700は大きい釣、引っ張りおよびさまざまな設計のボートのために適している。

大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス 0大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス 1

変速機

変速機は風力でのような広い応用範囲を、備えている。変速機は風力で広く利用されている重要な機械部品である。その主関数は風の行為の下で風車輪によって発生する力を発電機へ移し、対応する速度を得させるである。

通常、風車輪の回転速度は非常に低い、電気を発生させるために発電機によって必要な回転速度よりずっとより少なく。それはギヤ組のギヤ ボックスの増加する速度の効果によって実現されなければならない従ってギヤ ボックスはまた増加する速度箱と呼ばれる。

変速機の生命の忍耐

統計量はそれを風力の変速機の失敗の約50%がまだ軸受けの選択、製造、潤滑または使用と関連していることを示す。現在、モーターのような、変速機遅延の技術的な条件および他の理由がのメガワットのレベルの上の国内単位の中心の部品の多数原因で、刃、電子制御装置およびヨーイング システムはこれらの大きい風力のギヤで、輸入され、使用される。箱軸受け、ヨーイング軸受け、ピッチ軸受けおよび紡錘軸受けは完全に輸入される。従って、より正確な忍耐の生命計算方法は風力の変速機の設計のために特に重要である。

軸受けに必要な高い信頼性が原因で軸受けの耐用年数は通常130,000時間以内べきである。但し、影響を与える余りにも多くの要因が原因で疲労生命に耐えて、忍耐の疲労生命理論はまだ絶えず改善される必要がある。すべての企業によって受け入れられる生命理論に国内外で耐えるための統一された計算方法がない。

潤滑油の軸受けの実用温度のような要因に、粘着性および清潔、および速度軸受けの生命の大きい影響がある。作動状態がより悪く(低速温度の上昇およびより多くの汚染物質)なる時、忍耐の生命は非常に減るかもしれない。風力の変速機の忍耐の生命に影響を与え、生命に耐えるためのより正確な計算方法を研究するさまざまな要因の詳細な分析は国内忍耐工業および風力工業の最優先である。

この製品の詳細を知りたい
に興味があります 大きい設計のボートのための280KN 1400RPMのフライホイールの前進ギヤ ボックス タイプ、サイズ、数量、素材などの詳細を送っていただけませんか。
ありがとう!
お返事を待って。