• 13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム
  • 13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム
13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム

13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム

商品の詳細:

起源の場所: 中国の重慶
ブランド名: JUVI
モデル番号: JVNVR-1000

お支払配送条件:

最小注文数量: 1
価格: negotiable
受渡し時間: 在庫あり
支払条件: ウェスタン・ユニオン、MoneyGram、D/P、D/A、L/C、T/T
ベストプライス 連絡先

詳細情報

名前: VHFの無線電話器(クラスDSC) 適用: 船の海洋のボートの容器のヨット
TXの頻度:: 156.025~157.425 MHz RXの頻度:: 156.050~163.275 MHz
働くチャネル:: lTU (65) DSCの腕時計CH:: CH70
TX電力:: 25W (高い)/1W (低速) RXの感受性:: ≤2 μ V (SINAD=20dB)
ハイライト:

25W海洋GPSのナビゲーション・システム

,

13.8VDC海洋GPSのナビゲーション・システム

,

25W VHFの無線電話

製品の説明

VHFの無線電話器のクラスDSCの海洋の船のボートの運行コミュニケーション

指定

指定
TXの頻度: 156.025~157.425 MHz
RXの頻度: 156.050~163.275 MHz
働くチャネル: lTU (65)
DSCの腕時計CH: CH70
TX力: 25W (高い)/1W (低速)
RXの感受性: ≤2 μ V (SINAD=20dB)
インターフェイス
GPSは入った: RS422、4800bps。
VDRは出力した: 釣り合った600 Ω
プリンター入力/出力: RS232、4800bps
電源: 13.8VDC (最高5.5A)
サイズ次元: 137mm*233mm*91mm (H*W*D)
重量: 1.5kg
装置のリスト
標準
トランシーバー 1 PC
Mic 1 PC
付属品 1セット
選択
AC/DC PSU 1 PC
VDRの関係のキット 1 PC
VHFのアンテナ 2 PC
同じ高さの台紙ブラケット 1セット

JVNVR-1000 VHFの無線電話器(クラスDSC)

1つは、最も最近のITUの標準に合う。

2の利用できる4デジタル チャネル。

3のVDRに利用できる音声出力。

MEDとの4、型式承認、CCSおよびVR。

音声通信およびDSC (デジタル選択呼出方式)設備が1、高性能VHF装置、可能な同様に。

クラスに従って2、ITUおよびIMOの規則、それはによるVHF DSCのための標準的なセットA1、A2またはA3の容器のための機内GMDSSのパッケージの部分である場合もある。

3つは(S) VDRのために、それでまた利用できる出力した。

4つはITUの正規の付録18 (WRC-12で修正される)、IMO MSC.1/Circの規則に、合致する。1460、ITU-R M.493-14、IEC 61097-7、IEC 61097-3。

13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム 013.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム 113.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム 2

JVNPP100C会計情報システムの試験プラグ ケーブル

あなたのコンピュータ、ラップトップ、または小型のPC、海洋運行ソフトウェアを使用にAlSの試験プラグをあなた自身の船および周囲の船の情報を示すために接続する簡単な、簡単な方法を提供しなさい。

1のIMO船員のための標準的な会計情報システムの試験プラグ インターフェイス。

2、標準的なUSB 2.0 (迎合的な1.0)。

3のケーブル長:5メートル。

4の良質の盾の高速ケーブル。

無線システム

ターゲットまたは進水の場所の方位角、間隔および間隔の相違を船の位置を実現するために検出するのに電波を使用しなさい。方位測定器およびレーダーに加えて、無線航法システムは主に「Laolan A」を、「Laolan C」、「Taka」、「オメガ」等含んでいる。無線運行は天候によって制限されない、装置は簡単である、信頼性は強いが、隠蔽は粗末、それで干渉され、破壊され、反利用されて容易参照の態度情報を提供できないである。

海軍衛星システム

(NNSS海軍航行衛星システム)約1,100キロメートルの高さの4つから6つの衛星でおよび地上の追跡の場所、コンピューティング センター、注入の場所、海軍時刻同期化の機械、コンピュータ、等を受け取る場所および船構成されるおよそ円の北極軌道衛星網。航行衛星が無線地平線を書き入れるとき、船の受信機は自動的にドップラー周波数シフトを測定し、衛星によって送られる軌道変数および時報を解釈しコンピュータを通して船の位置を計算する。

海軍衛星ナビゲーション・システムにグローバルなサービスエリア、全天候用、高精度、等の利点があるが、構成は複雑になり、絶えず置くことができない。やがて使用されるNAVSTAR/GPSは連続的な位置を提供し、正確さを改善できる。

慣性装置

ニュートンの動きの法律に従って船の動きの加速を測定するのに、加速度計が使用され船の速度そして位置を定めるためにこれらの加速を集める。全システムは3つのジャイロ スコープで構成される正確な横の参照事項を提供するために地表への平らなタンジェントで常に維持される安定したプラットホームである。プラットホームは南北方向および東西の方向の2つの加速度計が加速を測定し、南北および東西の速度の部品を得る時期を統合するために装備されている。

船の実時間経緯度の位置を得、表示するためにコンピュータによって絶えず計算されるこれらの二段変速式部品の合計は船の動きの実際のトラックそして速度である。慣性航法装置は完全に自治および受動のナビゲーション・システムで、原子力潜水艦および海洋学の調査の船のための不可欠な運行装置である。但し、製造工程に高い条件および高い費用がある。位置誤差は時間の蓄積と増加し、一定の間隔で訂正されなければならない。

13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム 3

この製品の詳細を知りたい
に興味があります 13.8VDC 25W VHFの無線電話器のクラスDSC海洋GPSのナビゲーション・システム タイプ、サイズ、数量、素材などの詳細を送っていただけませんか。
ありがとう!
お返事を待って。